2010年04月19日

モデラーの性。

ダメだねぇ。
”作ってから次を買う”
コレが出来ないんだなぁwwwwwww


100418

しかもゲテモノwwwwwww
この組み合わせだと、次はコレもだな。

BISON U

うん、欲すぃwwwwwww
posted by puniko at 18:48| 富山 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 偏った趣味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月05日

納期とか関係無しで・・・

珍しく余裕で完成。
ってゆーか、コンテストを考慮して作ってたワケではないのでウマくいったのか?

それでは簡単に。

StugV(B)001StugV(B)002

ベースキットはタミヤのSturmgeschütz V Ausf.B。
基本、ストレート組みで、改修+追加ポイントは少ないです。
・ライトコードの追加。
・戦闘室左右の装甲にボルトモールド追加。
・フロントフェンダー及びリアの接合部にボルト追加。
・前面接合部に溶接モールド追加。
・モデルカステン SK-67使用。
こんなもんです。

StugV(B)003StugV(B)004

アンテナは伸ばしランナーで製作。寝かせた状態ならラクなんだけど、今回はアクセントのために立った状態で。

StugV(B)005StugV(B)006

車体下部のウェザリングはパステル+塗装で。
いろいろ試行錯誤して、何回も汚して剥がしてまた汚して。
汚しすぎた部分を車体色でグラデかけたり、明るすぎたので黒っぽい色を付けたり。

StugV(B)007StugV(B)008

履帯は組んで、ベース色を塗ったあとサビ色のパステル+泥色のパステルで汚し。
その後、ベース色を薄く吹いてトーンを抑えて、接地面とガイドホーンの銀ブラシ。
マフラーはこげ茶を塗ったあと、パステルで。結構うまくいったなと。

StugV(B)009

天面はエッジ部の暗色が残るように細く薄く吹き重ねてグラデを少しかけてあります。
ウォッシングはタミヤエナメルの黒と茶色を適当に混ぜてどばっと塗って綿棒で拭き取り。
あ、ウォッシングの前にOVMを塗り分けてあります。
エッジ部のドライブラシはサビ色のエナメルでやってみました。

全体にホコリ色を吹いて、ワイヤーとジャッキとかの鉄部にサビ色のパステルを薄く置いた後、
クレオスの水性トップコートつや消しを瓶に移して吹きつけ。
初めて缶から瓶に移したけど、ストローを使えば意外にうまくいくもんですわ。
ブクブクと泡が出てきて何回か溢れたけどwwwwwww

最後に、アンテナを接着して完了。
AFV復帰第2作目としては、それなりに出来たと思うのですが・・・


引っ越してからの1作目。
塗装部屋として使う事を了解してくださったオクサマに感謝。
おとうさんの言う事を良く聞いてイタズラしなかったムスコサマにも感謝。
今回はコンスタントに夜10時過ぎ〜2時ごろのペースで完了できました。

少し寝不足が続いたのでちょっとの間休憩。
次回への構想に入ります。

それでは、これにて3号突撃砲B型は終了です。
posted by puniko at 18:16| 富山 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | MM 1/35 V突B | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月02日

完成・・・ってことに。

昨晩。
戦闘室を接着して、ホコリ色をかぶせてからツヤ消しでトップコート。
タミヤセメントをこぼした痕もほとんどわからなくなり、とりあえず完成ということで。

100402

後はアンテナを接着するだけ。

まだまだ手を掛けたいんだけど、なんか。
やればやるほどスッキリ感がなくなりそうで。ホコリ色も少し濃かったかな?とか。
エッジのドライブラシ、サビ色ではなくもちょっと白っぽい色の方が良かったのかな?
スコップとかジャッキとかの金属部はツヤがあった方がいいのかな?

悩んでてもどーにもならんので、えぇいこれでオシマイ!


いつものレビューはまた後日でっす。
お疲れさんしたぁ。
posted by puniko at 08:30| 富山 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | MM 1/35 V突B | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月01日

最後の最後で・・・

100401

車体の上下を接着。
なんとかうまくいったと思ったのにノテックライトがポロリwwwwwww
エナメルで相当弱っていたんだと思ふ。
とりあえず一服して、くっ付けようとタミヤセメントの白瓶を探して・・・
フタを開け、「う〜ん。さすがに緑瓶とは粘度がチガウなぁ」と久々の粘りを堪能して。
おもむろにハケを瓶から出した時、ちょっとこぼれた。
「おぉっとアブナイ。」車体には付かなかったので安心しきってたボクが甘かった。

ノテックライトを接着し、ピンセットでバランス調整したその時。
右手の中指に付着していたタミヤセメントがぁぁぁぁぁ?

左フェンダーの前側、ボルトのディティールを追加した部分にポトリと。
直径3ミリくらいに丸く。


・・・・・・
・・・・・・・・・・

さて。どーしよ。
ヘタにリカバリかけない方がイイのか・・・
ツルツルの面ならなんとかなるのだがいかんせん場所が悪すぎる。

とりあえず、今晩じっくりと考えよう。うん。



泣きそうだ・・・( ノД`)
posted by puniko at 08:32| 富山 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | MM 1/35 V突B | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。