2008年10月06日

ちょっとマジメに建築の話。

ウチの近所にある高○記念クリニック。
以前の名前は高○病院。
ガキの頃、よくお世話になった病院である。
外科がメインで、生傷の耐えなかったボクのカラダの縫い痕はほぼこの病院。
当時の高柳院長は昔ながらのズバッと切っちゃうタイプの外科医。
だけどなんだか憎めない先生だった思い出が。

そんな病院も前院長が引退して新体制に。
詳しくは知らないけどムスメさんがムコさんとってそのムコさんが院長?
そんな話を聞いてはいたがなかなか行く機会がなく10年以上。

あっ!と言う間に病院を新築されてました。
いやいや、建ててるなぁってのはいつも見てたんですがね。
場所も大通りに面する土地に移動しまして。

さて、ここからが本題。

この病院。
とある金沢の有名建築家の方の事務所と、
富山では有名な呉西地区のゼネコンさんが手がけられて、
今年4月に無事落成されました。

外観からデザイン的センスがプンプン漂ってくる建物に仕上がっており、
一度中身をよ〜〜〜く拝見したいなと思ってた矢先。
ウチのチビスケが通院する事になりまして。
何でも小児科で結構有名らしく、めっちゃ近いのでほぼ主治医状態に。

土曜日、運動会が終わった後、ボクも一緒に行って見学してきました。



ふんふん。
ほぉぉ。
へぇぇ。
なるほどねー。

ん?
何で?
ん〜・・・
むぅ・・・


ヒジョーに面白いと思います。
部材の選択、仕上げへのこだわり。
まー病院とは思えない造りになってました。
昨今のデザイン系事務所が好きそうな感じです。<ちょい毒アリwwwwwww

ひとつだけ。

ひとつだけ言わせてもらえるとするならば。


いくら好きでも躯体ピン角はどーよ?(゜Д゜)

ウチのチビはようやくトコトコと歩けるようになったワケで、
どこでも気ままに歩いていってしまうのは、
小さいコドモ持ってる親御さんはよっくワカると思うのですが、
まーコレがよくコケる。
5歩も歩いたらすぐコケる。
それも予想だにしないタイミングで。
サッシから2pも離れてないトコロだったり、ソファの角めがけてだったり。
そんなコドモがわんさか来る病院の待ち合わせ室の仕上がコンクリート内放し。
それはそれでイイですよ。
だけどね。

出隅だきゃぁ面取ってくれよ。

好きなのはワカルよ。そんな設計事務所最近多いのも知ってるよ。
これだけは曲げられないってデザインがあるのも理解してるよ。
けどな、

危ねーんだよ!(#゚Д゚)

コダワリの中にも安全面への配慮が必要だと思うのですが?
妥協案を出し合うのが建築じゃないでしょうか?
オトナだけが来るよーな施設じゃ無いのですが?
エンドユーザーの立場はどのようにお考えでしょうか?

コーナーガードを付けるのがみっともないならば、
床面から1mくらいまで面取りとかRにして、
その上がピン角でもいいんじゃないかと。
大人の視線は1.5mから上なので、そんなん目立たないと思うんだが・・・



安全や使い勝手を重視し過ぎるとツマラナイ建物になるって事は、
重々心得ております。
だが、
それでもなをデザインを考えるのが建築家、デザイナー、匠と
言われる所以だと思うのですが。


ふぅ。
でも、悔しいけどキレイだったよ。
『ボクならココは・・・』とか、『コレはあぁすれば・・・』とか。
そんな粗探しは心の中に秘めて自分の糧にしよう。





しっかしエラソーにいっぱい書いちゃったなオレwwwwwww
posted by puniko at 16:20| 富山 ☁| Comment(5) | TrackBack(0) | works | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
小児科で結構有名なら子供目線は必要だよね
Posted by よし at 2008年10月06日 22:28
高須クリニックに何しに行ったのかと思っちゃったぜwwwww
Posted by SHO爺 at 2008年10月07日 06:26
>>よし
コドモ目線的なモノはたくさんあるんだけど、
安全面ではあまり考えてないよーな気がするんよ。

>>しょうじ
そりゃアンタ、埋没法を受けにだよwwwwwww
Posted by ぷに子 at 2008年10月07日 08:59
病院などの施設は使い勝手重視でヨロチクビw

というか建築デザイナーて何であんなに偉そうなんだろ?
デザイナー物件は大工に嫌われておりますぞwwwバイ大工の娘
Posted by S子 at 2008年10月08日 09:33
>>S子
なんで偉そうかって?

そりゃ”センセイ”と言われたい人種だからだよ。

個性がある人?違う違う。
協調性が無くて組織の中にいられないから独立してるだけだよwwwwwww
Posted by ぷに夫 at 2008年10月08日 13:49
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/107684904
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。