2009年02月17日

説明?

MEGAUPLOADの画面が変わってパスワードが4ケタになりましたよ<挨拶。

なんじゃそりゃwwwwwww

そろそろ何かしらツマンナクなってきたので復活してみようと思ってみたり。
毎日図面現場チェック図面現場チェックだとプギャーッ!っとなりそうなんで。
まぁ少しずつ消化してってるんでそれはそれでイイんですがね<愚痴


さて、POOアニキの質問に答えるコーナー。

”で、一級って何が出来るの?”


長くなりそうなので続きで。

Wikipediaの建築施工管理技士を読めばイイのだが、
なんかムズカシイ用語とか使ってあるのでちょっと噛み砕いて。

建設業法ってのがあって、それによると、工事現場には必ずなんらかの技術者を配置しろと。
その技術者には主任技術者と監理技術者の2種類があって、
ボクらの場合、ゼネコンなので一式での請負い金額が4500万以下の場合は主任技術者。
4500万以上の場合は監理技術者が必要となるワケ。
二級は主任技術者にはなれるが、監理技術者にはなれないので、一級の資格が絶対に必要となる。

kyoka
工事現場にはこの看板が必ず掲示してあるハズ。無かったらモグリかもwwwwwww
請負ってる会社がこれでわかります。
赤丸右側の欄に、現場の担当者(所長)の名前が入ります。
左側に、その担当者の保有してる資格が明記されます。(一級建築士もしくは一級建築施工管理技士)
二級資格保有者の名前は基本的に書かれません。一級国家資格保有者しか名前が出ないのです。

ボクらの仕事の場合、4500万以下の仕事ももちろんあるけど、メインはやはり億単位。
たとえば、いくら経験積んでてバリバリの人でも、二級しかもってなかったら、公共工事はもちろん、
民間の大きい現場の所長にもなれないワケ。いつまでたっても2止まり。
会社としても、いくら物件を多く受注しても、一級資格保持者が少なければ割り振りが出来なくなる。

残りは経営審査事項。
公共工事に入札する時の会社の点数。
経営規模や経営状況なども審査対象になりますが、それに加えて技術力も審査されます。もちろん高ければ高いほど良いワケで。
一級は5点。二級は2点。
資格保有者が多ければ多いほど点数が上がり、より金額の大きい公共工事に入札できるチャンスが増える。


長くなったけど、実際には建築現場の施工管理(ゼネコンや工務店勤務)の人にしか意味が無い資格なのは確か。
設計事務所の人は一級建築士を持ってないとね。

一級建築士>>>>>>>>超えられない壁>>>>一級建築施工
この図式は正しいです。
厳しい意見もあります。

http://blog.livedoor.jp/nekoinemo/archives/50331457.html
http://blog.livedoor.jp/nekoinemo/archives/50116298.html

この人の意見には同感できるけど・・・何もそこまで叩かなくても?と思うんだけどなぁ。



まぁこんな感じで。
わかってもらえたかな?
posted by puniko at 19:09| 富山 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | works | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おおおっ!
これはすんげぇ分かりやすい記事でござったよ旦那!
先ほど、さっそく近所の建築現場を見てきたんですが、一級だったw
あの物件は4500万以上かけてるっうワケか〜…個人住宅の分際で生意気なwww
しっかし、億とかって凄いデカい仕事してるのな〜〜〜!!!
物が物だから当然なのかもしれんが、ページ幾らで仕事してるオイラとは
なんかマックスミニマムな雲泥の差で、少々ビビり気味でやんすよw

…そんな大した資格なら、アレですな。
ヤラしい話ですが、ばっちり昇給するんじゃないっスかね?
その辺が実に目出度いっう感じですな♪
Posted by POO at 2009年02月19日 06:47
いやいやいや、
建設業の許可票に一級の資格が明記してあるからといって、
全ての現場が4500万以上ってワケでは無いんよ。
担当者(所長)が一級を保有しているってだけで。
基本、所長(現場の全責任者)になるには一級が必要なんだわな。
300万の現場でも厄介なモノはあるし、4億でもデカいだけで中身空っぽの場合も。

二級だと4500万までの現場まで。
一級なら4500万以上限度無し。
○兆円とかのプロジェクトでも所長になれる可能性があるって事ですよ。

昇給???
わずか月あたり○千円程度上がるだけですわwwwwwww
今までかかった受検費用(宿泊費、交通費も)は全て自己負担。
ペイできるまでは相当かかりそうだけど、自分に少しでも自信が付いたのでそれで良しとしておこう。
Posted by puniko at 2009年02月19日 10:21
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。