2014年03月10日

もう、ね、

こんな状態。

140310

雪降り過ぎ。どーもならんです。






そうそう、昨日のバンキシャ特番での、宮城県知事とプロ市民っぽい住民との討論。
もうね、アホかと。
『実際に被災していないアナタには言われたくない』と反論されそうですが、
防潮堤の高さとか景観とか、そんなん第一優先は人命だろうよと。
実際、宮城県知事が最後に見せたパースでは、景観も考えた設計になってるワケで。
それを住民への説明不足だとか、合意した地域も、もう一度見直せだとか。

いやいやいや、無理。
それだけの設計とか測量にどれだけの人間が携わってるのかわかってる?
住民が二分されるから、防潮堤の設置(及び高さ)にしぶしぶ合意したって?
合意した時点でおしまいだよ。中身を100%理解していなくてもね。
理解できなかったのは、そこの住民の勉強不足。
そして、賛成とか反対とかで二分されちゃって、険悪になってる地域は、もう救いようが無い。
そんな地域は無視でいいと思う。時間と金には限りがあるんだよ。
バカな男性が、津波の頻度も考えずに『それじゃ神奈川県にも防潮堤作る必要があるって言うんですか?』
とか逆ギレしててかなり吹いたんだけど、なんかね、文句言ってるオレかっこイイ的アピールなんだよね。
知事が、『宮城県ほか、東北の沿岸と神奈川県の沿岸では津波の可能性に違いがある』と、
きちんと説明しているのに何で理解できないんだろう?と。
死にたくないから防潮堤。9.8メートル?いやいや20メートルでもいいんじゃね?
景観?漁業関係者の苦労?じゃぁ死んでもいいの?もっと本質を考えろよ。

仮設住宅の人が、除染で出た廃棄物の中間貯蔵施設に関してあーだこーだ言ってるのも同じ。
この議題の冒頭で、『地元に帰れないのなら、いっそ中間貯蔵施設に使ってほしい』って意見。
避難してる女性らしいけど、この意見をテレビで放送したのは英断だと思う。
うん。ごめんよ。
被災した方々には申し訳ないけど、帰れない。ってゆーか、そこには戻るな。
でもね、薄々わかってるんだと思うのよ。帰れないんだって。それを消化するにはまだ時間が
足りないんだと思う。だけどね、さっさと消化しなければならないんだよ。
自分がその立場だったら…間違いなく引っ越すもん。地元ガ-ふるさとガーとか言ってても、
前へは進めないんだよ。
現在の帰還困難区域は、全て立ち入り禁止。
アレだよ。どうせなら放射性廃棄物の貯蔵地域にするべきなんだよ。六ヶ所村ではなく。
じゃぁ、自分の生まれた所が…って考えてみると、そうなったらしょうがないんだよ。
原発を推進したのは政治家ではなく消費者である有権者自身。
スリーマイルとかチェルノブイリだとかの事故を見ていても、日本は安心だと思い込んでいた日本人全ての責任。

自民党だ民主党だとかそんなんは関係ない。
ここは日本。アンタらが今住んでいる国。
地方で首都圏の電力を作っていたのに事故が起きたら地方は放置で首都圏は変わらない事に、
文句言ってるヤツらもいるけど、その原発のおかげでどれだけ潤った?道路も橋も施設も。
補助金のおかげで税金も少ないんだろう?今さら遅いよ。
そして、首都圏一極集中にしたのは誰だ?有権者が選んだ政治家なんだよ。
もとをただせば、全て自分たちの自己責任なんだよ。
もうね、イヤなら外国に移住すればいいんだよ。日本国籍を捨てればいいんだよ。


相変わらずの極論攻めですが、ご容赦くだされ。
posted by puniko at 17:41| 富山 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々の戯言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。